読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈生き方のstyle〉

生き方は、違っていい。違いこそ、豊かさ。自分に還れば、皆違う。自分を変えようと旅をした。旅は瞑想に導き、僕は僕に還ることにした。

機動戦士ガンダムから瞑想を綴る

瞑想・ヨガ


こんにちは。

Tamakara yoga~魂と体をつなぐyoga~のクラスを開いています、山崎大です。



最近クラスにご参加いただいている方々から、精神面や体の調子が良くなってきたという声を聞くことが増えてきました。



とてもうれしく、日々の中に瞑想を取り入れて頂けていることに感動を覚えます。


大げさかもしれませんが、生きていてよかったと感じます。




瞑想とは、
「肉体がこの世界を体験するための入れ物であり、本体が意識であることに氣がつく時間」
とわたしは捉えており、肉体を完全弛緩させることで、意識で存在している状態へ近づけていけるようクラスでは瞑想を誘導しています。



社会生活を営んでいれば、目を開いて生きることが常であり、目を閉じて数分を過ごそうものなら即クビになれるという激しさを備えている日本社会。

なんともすてきな所に生まれてきたものだとつくづく思います。



そんな日本に今こそ瞑想は必須!という確信のもと活動をしております。



「肉体がこの世界を体験する入れ物であり、本体が意識である」
とさらりと綴ってしまいましたが、肉体が入れ物であるという感覚をより鮮明にイメージする為に、今回は機動戦士ガンダムを例に挙げさせてください。



ガンダムを例に挙げますが、わたしは大層なガンダム音痴ですので、ガンダムを知らない方も氣兼ねすることなく読み進めて頂けたらと思います。


ガンダムにお詳しいガンダムマスターの方は、お手柔らかにお読みいただけたらありがたいです。






機動戦士ガンダムは、モビルスーツと言う乗り物に人が乗り込んで、ドラマを繰り広げてゆく物語です。


わたしは、このモビルスーツがわたしたちの肉体であると感じています。



モビルスーツ 左がザク(弱い)右がガンダム(強い)



モビルスーツにはそれぞれ特徴がありますが、実際に動かすのは乗組員です。



わたしたちの世界では乗組員が、意識であり、肉体というモビルスーツに意識が乗り込んで動かしています。




どんな上等なモビルスーツも乗組員がぽんちゃんであれば、大した活躍はできず、あまり芳しくないスーツも乗組員が強力だと活躍できるのだと感じます。




☝強力な乗組員シャアが乗ったザクがガンダムをやっつける




恋愛シーンも機動戦士ガンダムに出てくると思いますが、恋愛するのはあくまでも乗組員同士であり、モビルスーツ同士ではありません。

モビルスーツ同士で恋愛していたらちょっと嫌です。




あくまでも主役は乗組員であり、わたしたちの世界で言えば意識であると思います。



「肉体がわたし」と思っていらっしゃる方は、モビルスーツの乗組員が熟睡したままか文字通り意識不明状態で操縦している状態だと言えると思います。





一度モビルスーツのパワーをOFFにし、乗組員として活動してゆくのがわたしたちの世界では瞑想となるのではないかと思うのです。



ですので、瞑想に入るためには、肉体は完全弛緩(OFF)する必要があります。



乗組員に戻って、本来の任務や役割を確認し、もう一度乗り込んでゆく。



ガンダムにおいてもこのような事はとても大切で、モビルスーツに乗り続けていては乗組員も参ってしまうでしょう。



瞑想せず、体調や精神が何だか芳しくないと感じる方、それは弱いのでもなんでもなく仕組みなのだと感じます。



瞑想をし、意識である本体に戻り本来の任務を思い出し、再び肉体へと乗り込んでゆく・・




補足ですが、
瞑想をするだけで、意識はクリアになり体の不調は回復に向かっていきます。
脳も活性化し、続けることで不安を感じる扁桃隊は縮小し、直観を司る前頭葉松果体は肥大化し、右脳と左脳のバランスを司る間脳は太くなっていきます。
これらは実験でも証明されていますが、わたし自身も身をもって自身の脳が物理的にも変化していった過程を体験しています。




一度、本体に戻ることがとても大切なことなのだと感じます。




ドラクエ5でゴレムスが最後に覚えた最高の回復技も「めいそう」でした。ドラクエは知っていたんだ。すげー。

ゴレムス





最終的にガンダムとは無関係なゴレムスまで登場させてしまいました。
そんな中でも、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
読んだよの印にクリックいただけたら嬉しいです。☝