読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈生き方のstyle〉

生き方は、違っていい。違いこそ、豊かさ。自分に還れば、皆違う。自分を変えようと旅をした。旅は瞑想に導き、僕は僕に還ることにした。

~交流会から見えてきた本当の願い~

「タマカライス」交流会

こんにちは。

Tamakara yoga~魂と体をつなぐyoga~のクラスを開いています、山崎大です。


GWのまっただ中の今日、こちら安曇野は晴天の中、猛烈な南風が駆け抜けています。


記憶によると今日は雨予報だったかと思ったのですが、風さんのお陰で大晴天です。


お出かけを楽しまれている方々にとって、氣持ちのよい日となるのかな。

清々しい日をどうぞ楽しまれますよう。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



先日、「たまからyoga」の交流会として「魂と体をつなぐハヤシライス」略して「タマカライス」というイベントを開かせて頂きました。


月曜クラスをマネジメントして頂いている着物着付師「equinox」さんと話している際に、「交流会しよう!」と急遽思いつき、数日後に開催となりました。


開催まで数日にも関わらず、多くの方にお越し頂け、みなさんで料理したりセッティングしたりと、手作り感満載な空間と料理で、とても楽しいひと時を頂きました。




みなさんと準備している中で、感じたことがありました。





「僕がやりたかったことは、きっとこういうものなんだ」

みなさんとやりとりしながら、確かにそう感じていました。







初めてお逢いする方々が、何かしらの巡り合わせのもと一つの場所に居合わせて。


個と個であったものが、出逢い、触れ合いながら、重なりながら、溶合ってゆく。





初対面のぴりっとした「氣」が流れる瞬間。


イベント終了後の滑らかなここちよい「氣」が流れる時間。





間には、それぞれの「氣」のやり取りがあって、すこしずつすこしずつ溶合って、調和へ向かってゆく。




調和した後は、とてもとても心地がよくて。


それぞれの「氣」がそこではもう繋がっていて。


不安は、安心へとその姿を変えている。





そんな時間を、たくさんたくさん作りたい。



そして、ひとりでも多くの方が警戒することなく、怯えることなく、人と「氣」の交流を楽しんでいただきたい。





そう感じました。






「わたしが行ってもいいのかしら?」


「場違いだったらどうしよう・・」


「変な人って思われたら嫌だな」


「嫌われたくない」


「無視されたら・・」




知らない人が居る初めての場所に行くときに、多くの人が抱くようなそんな想い。




そんなもの、すべてぶち破って、打ち捨てて、「あなたはここにいていいんだ」って心臓を貫くような大声で伝えたい。




そんな想いが僕にはあります。




でも、一筋縄じゃいかないんだよね。




とても人見知りで、人と関わることに臆病で、目もろくに逢わせることができなかった僕には、それがよくよく分かります。





「場違いだったら・・」
と思うのは、あなたが誰かを「場違いだ」と思うから。



「変な人って思われたら・・」
と思うのは、あなたが誰かを「変な人」と思うから。



「嫌われたら・・」
と思うのは、あなたが誰かを「嫌う」から。



そして、それらの奥には、紛れもなく過去に「傷ついた記憶」が眠っています。




僕たちは「人にどう思われるのか」を氣にします。



その「どう思われるのか」という目は、紛れもなく、「あなたが他人を見ている目」



同じ目で、自分自身を見ています。



目は、過去により作られ、全自動で動きます。


目は、全自動に瞬時に、判断しています。

目は、分析し、相手を見定めています。


その目を、ゆるめてゆく。


その目を、見つめて解いて、奥にある目が作られる元となった記憶へと帰ってゆく。


そして、本当のあなた自身の目と繋がってゆく。


その過程そのものを癒しと呼び、僕が瞑想と呼んでいるもの。




大切なのは、「人にどう見られるか」ではなくて、「人をどう見ているか」



目が変われば、より自由になれる。

自由につながってゆける。



「魂と体をつなぐyoga」


yogaとは、「つなぐ」という意味。



「魂と体をつなぐつなぐ」

連続しています 笑



余程、つながりを大切にしたいのでしょう。


つながりの大切さを知ったのは、分離を体験したから。


もう、分離の時代は終わっていい。


瞑想もyogaも「自らを知り、自らと繋がり、人と繋がってゆく」その道の上にあるものだと感じます。



玉ねぎの薄皮をはぎ取るような、氷の塊を徐々に溶かしてゆくような、そんな道なのかもしれません。



道の上にころがる恩恵は、つながりであり、感動であり、充実であり、仕合わせ。



繋がって、仕事を合わせ、しあわせ、充実、感動。



多くの方と伴に歩むことができたらそれはより最高の道となる。

そう感じています。


「魂と体をつなぐハヤシライス」
とてもとてもすてきな時間を頂きました。

今後も繋がってゆけるイベントを発信できたらと思います。


そして一歩一歩自身と向き合い自身と繋がってゆく「瞑想・yoga」もより確かなものとして発信します。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
読んだよの印にクリックいただけたら嬉しいです。☝