読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈生き方のstyle〉

生き方は、違っていい。違いこそ、豊かさ。自分に還れば、皆違う。自分を変えようと旅をした。旅は瞑想に導き、僕は僕に還ることにした。

古代の儀式「アヤ・ワスカ」を綴る

アヤ・ワスカ


みなさま、こんにちは。

TAMAKARA YOGA〜魂と体をつなぐyoga〜のクラスを開いています、山崎大です。

世界中を旅する中で、たどり着いた場所が、瞑想でありyogaでした。

現在は、地元を中心にクラスを開いております。

こちらでは、エピソードを交えyogaと瞑想について綴ってまいります。

ご興味のおありの方、お付き合いいただけたら幸いです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



なぜ、僕が瞑想やyogaをお伝えしたいと感じているのか。


なぜ、よりによって僕が。


瞑想やヨガとは、随分と違う領域を生きてきた人間だ。


体を動かすことは、大学を卒業してから殆どしていなかったし、特別必要とも感じていなかった。


大金持ちになりたいとまでは思わないにしろ、それなりに物を望んでいた。

女性にももてたいと感じていたし、劣等感を優越感に変えたかったのだろう。
上質な物を欲しがっていたように思う。


そんな僕は、上質な洋服を扱うアパレル会社に勤めており、ある日脳卒中を起こしたのだった。


強烈に人生にストップがかかり、今までを振り返らざるを得なくなった。


泣いても笑っても、一度きり。


自分とは、後にも先にも、ここにしか存在し得ない。


そんな聞き慣れた言葉たちが急にリアリティを持って、僕の前に立ちはだかっていた。


覚悟を決めたと言えば、聞こえはいいかもしれない。



ただ、もう、どうでも良かったのだ。



脳卒中から人生は拍車をかけて、急な展開を見せていた。




人生という歯車が転がっていった。




加速度が増し、一定の速度がついた時、それはもう制御など出来なかった。




歯車は転がり続け、いろいろな物にぶつかり、蹴散らしながらやがて止まった。




止まった後は、ただ静かだった。




離婚し、職もなかった。





旅に出ることは、決めていた。



脳卒中で倒れ、運ばれた病院で決めたことだった。


「いつかやろう」と決めていた。


「いつかやろう」は、一生やらないということだと知りながら、決めていた。




でも、なぜだろう。


氣がついたときには、全てが揃っていた。後は旅立つだけだった。




「お前は、旅に出なければならない」そんな重圧を持って、人生そのものが迫ってきていたように今は思う。



旅に出た僕は、いろいろなものをみたいと思った。




「どうして、この世界に生を受けたのか?」
誰しもが、一度は抱きながらも、奥へとしまい込んだ疑問。




皆が感じている。



失うものなど、もう何もない。
ならば、僕はそこに身を投じよう。




旅を続ける原動力は、ただその一点においてだった。



貪るように国々を旅し、多くの人や文化と出逢っていった。



「もう、どうでもいい」

そんな僕の中に住み着いていた、投げやりな幼さは次第に癒され、人間が生きること、人がつながってゆくこと、苦しみが生むドラマ、自然が生み出す筆舌に尽くし難い情景、その奥底に流れる圧倒的なやさしさに、夢中になっていった。




旅は、僕に人との出逢いを用意し、自然との繋がりを思い出させ、生きることへの活力を取り戻させた。



旅が、僕を癒した。



ただ僕は、もっと知りたかった。




旅が僕に与えてくれた体験は、個人的なものだった。




もっと強烈に、共有し、皆で泣き崩れるような感動が出来る。

そんな思いがありながら、その術を知らず、一人にすらうまく伝えられない。




そんなもどかしさがあった。







また、世界は、経済で縛り上げられてもいた。



都市部へ行けば、人々は着飾り、たしかにお金を持っていた。


そして表情はかたく、歩く速度は早い。


いつも頭の中のモーターが高速回転しており、食べの味すら感じてない。


そして、外側から与えられた「こうあるべき姿」というものに向かっていた。

彼らは、いつの間にか本当にやりたいことを忘れていた。

「こうあるべき姿」が外側から与えられたものであることも、忘れていた。

あるべき姿に向かうことが、正しいことであり、そうしない人を蔑むようだった。




街を眺めながら僕は、目の前を通り過ぎる何人もの昔の僕を眺めていた。


彼らは、生きる本当の喜びなど知る由もない。


彼らは、完全にコントロールされていた。


彼らにとってコントロールされることは、初めは苦痛だった。


でも、コントロールされ続けた。


嫌がる心を滅しながら、コントロールされ続けた。


次第にコントロール無しでは、生きることが出来なくなっていき、おまけに幼い世代をコントロールする側にまわっていた。


それは、以前の僕の姿であり、救い出すべき存在たちだった。





これ程まで多くの人たちが、無感動に生きている事実。





六十数カ国を旅した後だろうか。

世界は、隅々まで、経済の支配が入り込んでいるように僕には映った。




この支配構造を打破しなければ、人と真につながり、感動の爆発を起こすことは難しい。



僕は、本を書きながら旅していた。



心の深い部分を突き刺すような、生を感じるような、そんな本が書きたかった。


「でも、まだ足りない。」
旅を続けながら、そんな想いをぶら下げていた。



多くの国々を体験し、多くの民族、文化に出逢い、心から感動し、涙した。

でも、何かがまだ足りなかった。



つかみ取れていない、何かを感じていた。

僕が感じ取れていない以上、表現などもっての外だった。




南米ペルーには、「アヤ・ワスカ」という儀式がある。

アヤとは、魂を意味し、ワスカとは、繋ぐという意味らしい。



魂と繋がる。



そんな儀式だと言う。


聞くところによると、
「リアリティを持って、前世を再体験した。」
「死んだ遺族に会い、実際に会話をした。」
「生命の膨大な記憶を実体験した。」
「実際に猫や犬、虫やヘビになり、彼らの視点や感覚を体験した。」
「人知を超えた神のような存在や、まばゆいばかりの光と実際に出逢った。」
など、眉唾とも言える体験談は枚挙に遑がない。



そして、旅する中で体験を終えてきた人たちにも何人もお逢いしていた。



アヤ・ワスカとは、ある植物の根っこを煎じたお茶を飲み干す。

その作用と空間に存在する精霊たち、そしてシャーマンと呼ばれる人間が、人をそのような体験の出来る空間へと導いてゆく。


ペルーでは、万能の薬となる儀式だとされている。


ガンを始めあらゆる病氣、精神疾患を治すとされる。


しかし、お茶の成分にDMT(ジメチルトリプタミン)と呼ばれる物質が含まれているらしい。
天然由来の成分ではあるが、これはアメリカ政府が違法だと定めているものの一つだ。


アメリカからの指摘に、ペルー政府はアヤ・ワスカの儀式を国宝と定めることで守っている。


ペルーでは、2000年以上前から続いてきた儀式なのだ。




アメリカを取るか、はたまたペルーか。

そんな2極論ではなく、僕はそこに真実があることを感じていた。



時々儀式で死者も出ることが知られていたが、迷いの余地など一切なかった。

アマゾン流域の足を伸ばし、民族の暮らす村を訪問した。


つづく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


分量の関係上、続きは次回に持ち越させていただきます。


最後までお読みいただけたこと、ありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

↑見たよ☆の印にクリックをお願いいたします。