読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈生き方のstyle〉

生き方は、違っていい。違いこそ、豊かさ。自分に還れば、皆違う。自分を変えようと旅をした。旅は瞑想に導き、僕は僕に還ることにした。

〈年末年始インド旅〉希望者募集いたします☆

インドは、好き嫌いがはっきりと分かれる国だと言われる。

 

 

大嫌いな国、インド。

大好きな国、インド。

 

 

わたしはと言えば、大嫌いだったことも、大好きだったことも。

 

今はただ、インドという国がこの世界に存在していることに感謝を感じる。

 

日本と真逆な国。

常識が通用しない国。

人生観が変わる国。

 

ここまで様々な呼び名が与えられる国もそう多くはない。

全大陸を歩き、多くの国々を訪れた中で、何度も足を運んでしまったのは、確かにインドだけであった。

 

 

インドは、カレーのような国だと感じている。

 

大人も子どもも、女も男も、どちらでもあるものも、どちらでもないものも。牛も馬も、猿も鳥も、犬も猫も、豚もヤギも・・。

 

あらゆるものが、インドというスパイスの中でぐるぐるとかき混ぜられ煮込まれてゆく。

 

 

その姿は、混沌そのもの。

 

 

 

カレーは良く、う○こと形容され、その地位を貶められる。

からだに入れる姿と、出てくる姿に差が感じられないところがその所以なのだろう。

 

 

インドでは、う○ことカレーを避けて旅することはできない。

 

カレーは必ず食べるし、う○こは必ず踏む。

それにカレーを食べて、下痢もまずする。

 

 

でもインドは、う○このような国ではない。

 

やはり、カレーのような国だ。

 

見た目は、混沌そのもの。

 

見ているだけでは、う○こと見間違う。

 

 

ただ、一歩足を奥に進めれば、そこには自由が広がっている。

 

 

うん、まずくはない。

これもありだ。

 

 

そう感じていただけたら、インドはカレーのような国だと感じていただけるだろう。

 

あらゆるものが、同時に存在し、混ざり、混沌とし、それでいて完成している。

完成とは、混沌であり、変化であり、決して完成しないことであることなのかもしれない。

 

 

インドは、価値を揺さぶる。

 

生き方を、揺さぶる。

 

 

良くも悪くも、死ぬまで忘れない。

 

人生の1ページになる、そんな旅を伴にできることを願っています。

f:id:yamazakidai:20160824175607j:plain

 

 

 

旅程や詳しい内容は、下記リンクをご覧ください。

 

インド砂漠オアシスYOGAの旅.pdf - Google ドライブ

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

インドに興味がありながら、いままでいく機会がなかった方々へ向けて。

インドで騙されたり、熱に、腹痛におかされたり、折角の旅が病院の天井を見つめるだけの旅に終わらないように。

インド初心者の方が安心してインドが楽しめるように。それでも、インドの濃さ、猥雑さ、混沌が感じられるように。

「次、インドへ行くときはひとりでも行ける。」そんな自信も得られるように。

通常のインドツアーでは組まれることのない、プシュカルという街へご案内いたします。

プシュカルは砂漠にぽつんと存在するオアシスの街。

神々が存在する信仰の聖地。広大で荒々しい自然に囲まれる場所。

 

わたしも多くのときを過ごした、大好きな場所です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

期間:

2016年12月28日~2017年1月3日

 

募集人数:

8・7・6・5・4・3名様

 

費用:

お一人様 170、000円

ビザ・パスポート申請料、空港までの旅費、現地での個人的食事、買い物等は各自の負担となります。

 

年末年始であるため、航空券代金が日々高騰してゆくことが予想されます。

こちらの価格は、2016年9月20日までにご登録完了した方のみのお値段となります。

ご了承ください。

それ以降に申し込まれる方は、お値段のお問い合わせをお願い申し上げます。

 

また、募集人数に達した時点で今回の旅は閉め切らせていただきます。

ピンと来た方は、お早めにお申し込みください。

 

ご入金いただいた後のキャンセルは、大変申し訳ないのですがお受けできません。

お休み等のご調整を確かになさった上で、お申し込みください。

 

 

ご希望の方は、以下のフォームをご送信ください。

メールにて、振込先等の詳細を返信させていただきます。