読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈生き方のstyle〉

生き方は、違っていい。違いこそ、豊かさ。自分に還れば、皆違う。自分を変えようと旅をした。旅は瞑想に導き、僕は僕に還ることにした。

旅、終わります。

世界は、すべてを用意して僕を待っていてくれた。





文字通り、僕は欲しかったものすべてを手に入れた。






六十数カ国に渡るこの旅は、想像以上に僕を変えた。






同時に僕は、旅立ち当初なりたかった僕になれているとも感じている。







旅は、行くべき場所も、旅立つべき時も存在しない。






ただ、自分の感覚のみが舵であった。

あらゆる全てを、自分で決定し、生まれる結果全てを受け入れてきた。


誰といるのか、何処にいるのか、何を受け取るのか。


下した判断の一片ひとひらが生み出す出会いが、出来事が、風景が、僕を今いるところへ連れてきた。








全ては、過ぎ去っていく。








終がやってくることは、旅立ちに心を躍らせていた僕に予感できていたのだろうか。



誰の意思にも目をくれることなく、すべてが過ぎ去る。




幼少の頃から知っている、わかりきった事実。




旅で出会った人たち、
体の中心を突き抜けた風景たち、
生まれた出来事の一つひとつは、過去へと姿を変え、僕と共にいる。





今から今へと移りゆくその時に、
何を選び取り、何を体験し、誰といるのか、
その過程そのものを、人生と呼ぶのだろう。





そうだとしたら、
僕は、
これからも迷いながら、
もがきながらも、
今後目の前に存在するあらゆる事柄を自分自身の感覚で決定し、
結果生まれる人生の片鱗を受け入れていく。







それが、僕が僕であり続けるための、

僕が僕に向かうための唯一の道であることを、旅が教えてくれたから。








これからも僕は、
誰のものでもない僕の道を歩む。







今でも僕を掴んで離さない夢と、自らに寄せるささやかな期待を連れて。。














ご縁の元、旅で出会えた一人ひとり、
日本で見守っていてくれた一人ひとり、
大好きな母さん、大好きな父さん、大好きな兄、大好きな妹、
そして僕が選んだ、旅という生き方に深い感謝を捧げます。










帰国を決めました。






旅、終わります。












































にほんブログ村
見ていただいた方々、今までありがとうございました。
途中からブログの方向性を変えようとしましたが、失敗し更新せずほったらかしで
見ていただいている方からのリクエストもあったものの、お答えできない状態で申し訳ありませんでした。
旅はこれで終わりますが、今後も形を変え自分を発信していこうと思っています。
最後になりますが、上のリンクをクリックしていただけると見ていただいたことがわかるようになっています。
どうぞよろしくお願いします。